このページにコントリビュートすることができます。  (Menu)

 

 

イントロダクション

PlantUML では、 AsciiMathJLaTeXMath の構文が使用できます。

@startuml
:<math>int_0^1f(x)dx</math>;
:<math>x^2+y_1+z_12^34</math>;
note right
Try also
<math>d/dxf(x)=lim_(h->0)(f(x+h)-f(x))/h</math>
<latex>P(y|\mathbf{x}) \mbox{ or } f(\mathbf{x})+\epsilon</latex>
end note
@enduml

@startuml
Bob -> Alice : Can you solve: <math>ax^2+bx+c=0</math>
Alice --> Bob: <math>x = (-b+-sqrt(b^2-4ac))/(2a)</math>
@enduml

 

 

単体で使用する場合

AsciiMath で記述した式を単体で使用したい場合は、 @startmath@endmath を使用します。

@startmath
f(t)=(a_0)/2 + sum_(n=1)^ooa_ncos((npit)/L)+sum_(n=1)^oo b_n\ sin((npit)/L)
@endmath

また、 JLaTeXMath の場合は、 @startlatex@endlatex を使用します。

@startlatex
\sum_{i=0}^{n-1} (a_i + b_i^2)
@endlatex

 

 

どのように処理しているのか

これらの式を表示するのに、PlantUML では 2つの オープンソースプロジェクトを使用することができます。

ASCIIMathTeXImg.js は PlantUML の標準ディストリビューション で使用する上で十分に小さいです。(訳者注:そのため、別途インストールする必要はありません。)

JLatexMath は比較的大きいです。 ダウンロードページ からダウンロードし、4つの jar ファイル (batik-all-1.7.jar, jlatexmath-minimal-1.0.3.jar, jlm_cyrillic.jar and jlm_greek.jar) を PlantUML.jar と同じディレクトリに置く必要があります。