Deutsch      Español      Français      日本語      한국어      Русский      中文

Translation support

You can click here to access the wiki and update the translation.

You can go back to the translated webpage.

To help you in the translation process, here is a comparison with the English version :

配置図の構文と機能

PlantUML の 配置図の構文: PlantUML では配置図はまだ完全にはサポートされていません。現在のバージョンの構文はドラフト段階のものであり、将来変更が加えられる可能性があります。

Deployment Diagram syntax and features

PlantUML deployment diagram syntax: Deployment diagrams are not fully supported within PlantUML. This is a draft version of the language can be subject to changes.

 

配置図

 

Deployment Diagram

 

要素の宣言

@startuml
actor アクター
agent エージェント
artifact アーティファクト
boundary 境界
card カード
cloud クラウド
component コンポーネント
control コントロール
database データベース
entity エンティティ
file ファイル
folder フォルダ
frame フレーム
interface インターフェイス
node ノード
package パッケージ
queue キュー
stack スタック
rectangle 四角形
storage ストレージ
usecase ユースケース
@enduml

説明文が長くなる場合は、オプションでテキストを [] の中に書くこともできます。

@startuml
folder フォルダ [
これは<b>フォルダ</b>です
----
境界線として

 

Declaring element

@startuml
actor actor
agent agent
artifact artifact
boundary boundary
card card
cloud cloud
component component
control control
database database
entity entity
file file
folder folder
frame frame
interface  interface
node node
package package
queue queue
stack stack
rectangle rectangle
storage storage
usecase usecase
@enduml

You can optionaly put text using bracket [] for a long description.

@startuml
folder folder [
This is a <b>folder
----
You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

node ノード [ これは<b>ノード</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

node node [ This is a <b>node


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

database データベース [ これは<b>データベース</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

database database [ This is a <b>database


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

usecase ユースケース [ これは<b>ユースケース</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

usecase usecase [ This is a <b>usecase


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

@enduml

==== of different kind .... and style ]

@enduml

==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

node ノード [ これは<b>ノード</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

node node [ This is a <b>node


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

database データベース [ これは<b>データベース</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

database database [ This is a <b>database


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ]

usecase ユースケース [ これは<b>ユースケース</b>です


境界線として
==== of different kind .... and style ]

usecase usecase [ This is a <b>usecase


You can use separator
==== いろいろな種類の .... スタイルが使えます ] </uml>

==== of different kind .... and style ]

</uml>

 

リンク

要素の間をシンプルなリンクで結ぶことができます。

@startuml

node ノード1
node ノード2
node ノード3
node ノード4
node ノード5
ノード1 -- ノード2
ノード1 .. ノード3
ノード1 ~~ ノード4
ノード1 == ノード5

@enduml

複数の種類のリンクを使うこともできます。

@startuml

artifact アーティファクト1
artifact アーティファクト2
artifact アーティファクト3
artifact アーティファクト4
artifact アーティファクト5
artifact アーティファクト6
artifact アーティファクト7
artifact アーティファクト8
artifact アーティファクト9
artifact アーティファクト10
アーティファクト1 --> アーティファクト2
アーティファクト1 --* アーティファクト3
アーティファクト1 --o アーティファクト4
アーティファクト1 --+ アーティファクト5
アーティファクト1 --# アーティファクト6
アーティファクト1 -->> アーティファクト7
アーティファクト1 --0 アーティファクト8
アーティファクト1 --^ アーティファクト9
アーティファクト1 --(0 アーティファクト10

@enduml

次のような種類のリンクも使用できます。

@startuml

cloud クラウド1
cloud クラウド2
cloud クラウド3
cloud クラウド4
cloud クラウド5
クラウド1 -0- クラウド2
クラウド1 -0)- クラウド3
クラウド1 -(0- クラウド4
クラウド1 -(0)- クラウド5

@enduml

 

Linking

You can create simple links between elements with or without labels:

@startuml

node node1
node node2
node node3
node node4
node node5
node1 -- node2 : label1
node1 .. node3 : label2
node1 ~~ node4 : label3
node1 == node5

@enduml

It is possible to use several types of links:

@startuml

artifact artifact1
artifact artifact2
artifact artifact3
artifact artifact4
artifact artifact5
artifact artifact6
artifact artifact7
artifact artifact8
artifact artifact9
artifact artifact10
artifact1 --> artifact2
artifact1 --* artifact3
artifact1 --o artifact4
artifact1 --+ artifact5
artifact1 --# artifact6
artifact1 -->> artifact7
artifact1 --0 artifact8
artifact1 --^ artifact9
artifact1 --(0 artifact10

@enduml

You can also have the following types:

@startuml

cloud cloud1
cloud cloud2
cloud cloud3
cloud cloud4
cloud cloud5
cloud1 -0- cloud2
cloud1 -0)- cloud3
cloud1 -(0- cloud4
cloud1 -(0)- cloud5

@enduml

 

パッケージ

@startuml
artifact Foo1 {
  folder Foo2
}

folder Foo3 {
  artifact Foo4
}

frame Foo5 {
  database Foo6
}
@enduml

@startuml
node Foo1 {
 cloud Foo2 
}

cloud Foo3 {
  frame Foo4
}

database Foo5  {
  storage Foo6
}

storage Foo7 {
  storage Foo8
}
@enduml

 

Packages

There is a limit of three levels.
@startuml
artifact Foo1 {
  folder Foo2
}

folder Foo3 {
  artifact Foo4
}

frame Foo5 {
  database Foo6
}

cloud vpc {
  node ec2 {
	stack stack
  }
}

@enduml

@startuml
node Foo1 {
 cloud Foo2 
}

cloud Foo3 {
  frame Foo4
}

database Foo5  {
  storage Foo6
}

storage Foo7 {
  storage Foo8
}
@enduml

 

角に丸みをつける

@startuml
skinparam rectangle {
	roundCorner<<コンセプト>> 25
}

rectangle "コンセプト・モデル" <<コンセプト>> {
	rectangle "例 1" <<コンセプト>> as ex1
	rectangle "別の四角形"
}
@enduml

 

Round corner

@startuml
skinparam rectangle {
	roundCorner<<Concept>> 25
}

rectangle "Concept Model" <<Concept>> {
	rectangle "Example 1" <<Concept>> as ex1
	rectangle "Another rectangle"
}
@enduml

This page is generated once per day from the wiki content.

Quantcast