このページにコントリビュートすることができます。  (Menu)

 

 

オブジェクト図

 

 

オブジェクトの定義

オブジェクトのインスタンスを、キーワード object を使用して定義します。

@startuml
object firstObject
object "My Second Object" as o2
@enduml

 

 

オブジェクト間の関係

オブジェクト間の関係は次の記号を用いて定義します:

Type Symbol Image
Extension <|--
Composition *--
Aggregation o--

--.. に置き換えることで点線を示すことができます。

これらのルールを知ることで、以下の図を描くことができます。

関係にラベルをつけることができ、: を用い、ラベルの文字列を続けます。

関係の各側のスペースを含む文字列を引用符 "" で囲むことができます。

@startuml
object Object01
object Object02
object Object03
object Object04
object Object05
object Object06
object Object07
object Object08

Object01 <|-- Object02
Object03 *-- Object04
Object05 o-- "4" Object06
Object07 .. Object08 : some labels
@enduml

 

 

フィールドの追加

フィールドを宣言するには、シンボル : にフィールド名を続けます。

@startuml

object user

user : name = "Dummy"
user : id = 123

@enduml

全てのフィールドを括弧 {} で括って範囲を示すことも可能です。

@startuml

object user {
  name = "Dummy"
  id = 123
}

@enduml

 

 

クラス図と共通の機能