このページにコントリビュートすることができます。  (Menu)

 

 

ステート図

 

 

簡単なステート

ステート図の始点と終点は、 [*] で示します。

矢印は、 --> で示します。

@startuml

[*] --> State1
State1 --> [*]
State1 : this is a string
State1 : this is another string

State1 -> State2
State2 --> [*]

@enduml

 

 

ステートの表現を変える

hide empty descriptionを使用し、ステート枠をシンプルにできます。

@startuml
hide empty description
[*] --> State1
State1 --> [*]
State1 : this is a string
State1 : this is another string

State1 -> State2
State2 --> [*]
@enduml

 

 

複合状態

状態は複合することができます。キーワードstateと中括弧を使用して定義することができます。

@startuml
scale 350 width
[*] --> NotShooting

state NotShooting {
  [*] --> Idle
  Idle --> Configuring : EvConfig
  Configuring --> Idle : EvConfig
}

state Configuring {
  [*] --> NewValueSelection
  NewValueSelection --> NewValuePreview : EvNewValue
  NewValuePreview --> NewValueSelection : EvNewValueRejected
  NewValuePreview --> NewValueSelection : EvNewValueSaved
  
  state NewValuePreview {
	 State1 -> State2
  }
  
}
@enduml

 

 

長い名前

キーワードstateによって、状態についての長めの記述を使用することができます。

@startuml
scale 600 width

[*] -> State1
State1 --> State2 : Succeeded
State1 --> [*] : Aborted
State2 --> State3 : Succeeded
State2 --> [*] : Aborted
state State3 {
  state "Accumulate Enough Data\nLong State Name" as long1
  long1 : Just a test
  [*] --> long1
  long1 --> long1 : New Data
  long1 --> ProcessData : Enough Data
}
State3 --> State3 : Failed
State3 --> [*] : Succeeded / Save Result
State3 --> [*] : Aborted
 
@enduml

 

 

同時状態

記号-- or || で分離することで、同時状態となる複合状態を定義することができます。

@startuml
[*] --> Active

state Active {
  [*] -> NumLockOff
  NumLockOff --> NumLockOn : EvNumLockPressed
  NumLockOn --> NumLockOff : EvNumLockPressed
  --
  [*] -> CapsLockOff
  CapsLockOff --> CapsLockOn : EvCapsLockPressed
  CapsLockOn --> CapsLockOff : EvCapsLockPressed
  --
  [*] -> ScrollLockOff
  ScrollLockOff --> ScrollLockOn : EvCapsLockPressed
  ScrollLockOn --> ScrollLockOff : EvCapsLockPressed
}

@enduml

 

 

矢印の方向

記号->を水平矢印として使用でき、以下の構文を使用することで、矢印の方向を支配することができます。

@startuml

[*] -up-> First
First -right-> Second
Second --> Third
Third -left-> Last

@enduml
方向を示す単語の、最初の文字だけ(例:-down-の代わりに-d-)、または2文字(-do-)を使用することで、矢印の記述を短くすることができます。

この機能を乱用しないよう注意しなくてはいけません:通常、Graphvizは微調整なしでよい結果をもたらしてくれます。

 

 

注釈

キーワード note left of, note right of, note top of, note bottom of を使用して注釈を定義することができます。

さらに、いくつもの行で注釈を定義できます。

@startuml

[*] --> Active
Active --> Inactive

note left of Active : this is a short\nnote

note right of Inactive
  A note can also
  be defined on
  several lines
end note

@enduml

さらに、状態にひもづかない注釈を定義できます。

@startuml

state foo
note "This is a floating note" as N1

@enduml

 

 

もっと注釈

複合状態にも注釈をつけることができます。

@startuml

[*] --> NotShooting

state "Not Shooting State" as NotShooting {
  state "Idle mode" as Idle
  state "Configuring mode" as Configuring
  [*] --> Idle
  Idle --> Configuring : EvConfig
  Configuring --> Idle : EvConfig
}

note right of NotShooting : This is a note on a composite state

@enduml

 

 

見栄え

ダイアグラムの色やフォントを変更するには skinparam コマンドを使用します。

このコマンドは以下の場面で使用できます。

定型化した状態に、特定の色とフォントを定義することができます。

@startuml
skinparam backgroundColor LightYellow
skinparam state {
  StartColor MediumBlue
  EndColor Red
  BackgroundColor Peru
  BackgroundColor<<Warning>> Olive
  BorderColor Gray
  FontName Impact
}

[*] --> NotShooting

state "Not Shooting State" as NotShooting {
  state "Idle mode" as Idle <<Warning>>
  state "Configuring mode" as Configuring
  [*] --> Idle
  Idle --> Configuring : EvConfig
  Configuring --> Idle : EvConfig
}

NotShooting --> [*]
@enduml