構文の一般化

現在、PlantUML では UML 以外の図も生成できるようになっています。その場合、@startumlでは意味が分かりません。そこで、図の開始に@startXYZ、終了に@endXYZをそれぞれ書けるようになりました。ここで、XYZは図の種類によって変わる空白も含む文字列が使用できます。

そのため、プラグインの開発者は、@startuml の代わりに @start を認識できるようにすることが推奨されます。

DOTでは、通常、@startdot...@enddotの形式で記述します。

DOT

DOT言語を使用すると、有効グラフ(Gallery of examplesを参照)を作ることができます。 (注意:PlantUMLはUMLを描画するために、元々Graphviz/DOTを使用しています)

これにより、PlantUMLをサポートするすべてのツールで、Graphviz/DOTを使用することができます。

図の範囲を示すために@startdot/@enddotまたは、@startuml/@endumlを使用することができます。それから、最初の行をdigraph XYZ {で開始します。

例をいくつか示します:

🎉 Copied!
@startuml
digraph foo {
  node [style=rounded]
  node1 [shape=box]
  node2 [fillcolor=yellow, style="rounded,filled", shape=diamond]
  node3 [shape=record, label="{ a | b | c }"]

  node1 -> node2 -> node3
}
@enduml

🎉 Copied!
@startuml
digraph foo {
 PlantUML -> Dot [label=use];
}
@enduml


Privacy Policy      Advertise